--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ura-2015-09-top-new.jpg

さーっ!
今月は時間あるでぇ!ECOったるでぇ!遊んだるでぇ!ブログ記事も増やしちゃるでぇ!
と、やる気満々で指関節をパキパキ鳴らしていたところへ、
FC2の サーバーダウン攻撃 が見事にヒットした。

半日ぐらいかけてじわりじわりと復旧していく様を見ながら、
こりゃ、移住先探した方がいいなぁ、テンプレートのカスタマイズもやり直すかぁ、
なんてことを考えて、黙々と作業してたら、だんだん楽しくなってきた。

気づいたら、あっという間に9月が終わってた。


おかしいなぁ?

さらに、やっぱりFC2の条件が良いという結論に至って、残留決定。


おかしいなぁ?


それでもフリージアの「大庭自慢コンテスト 2015」は見学できた。


【More...】

当然のことながら、動きが加わる分、普段見ていたSSよりも断然迫力があった。
全出展作の綺麗なSSは、他ブログさんのレポートを見ればバッチリ載っているので、
うちのところでは感想とともに一部をさらりと記録。

ura-2015-09-a-new.jpg

細かい仕掛けが楽しくて、ついつい長居してしまった、こちらのお庭。
配置されている騎乗パートナーに「乗る」ことで、
上の階層までじっくり眺められるのが嬉しい。
特に最上階!トラックに「乗る」と、
自分もパフォーマンスに参加できるので、ちょっと感動。
泣き顔悩殺ポーズのセレスが舞台最前列にいるという、そのチョイスが最高だ!

ura-2015-09-b-new.jpg

こちらは花の庭。あまりの美しさに、しばし言葉を失ってしまった。
花もさることながら、高低差を活かしつつ弧を描いて配置されたレンガ柱に魅了された。

ura-2015-09-c-new.jpg

このカフェ庭は、パラソルのそばにストーブが置いてあるところがとても好き。
デジタルなのに、ちゃんとじんわりとした温かさが伝わってくるのって凄いと思う。
制服姿の学生カップルは店内に入れずに、是非この席に座らせたい。
どうせお前ら二人でいれば寒くないんじゃろ?的な仕打ちとしてww

ura-2015-09-d-new.jpg

全体像じゃなくてごめんなさいなSS。
この部分が一番心に残ったもので……。
こんなにダイナミックに、庭を使って物語や場面を表現するっていうのもアリなんだ。
そんな新鮮な驚きを与えてくれた、虹の庭。

ura-2015-09-e-new.jpg

SSだけじゃわからないんだな!実物の迫力ってすごいんだな!
一番そう思わせてくれたのは、蛍が飛び交うこちらのお庭。
アホロートルのぬいぐるみが池の主として水の中にぽちゃんと浮かんでいて、
それがたまらなくツボだった。

ura-2015-09-f-new.jpg

秋らしいこちらのお庭は、「路上から切り取った一コマ」のように見える。
電柱ってピンとこない家具だったけど、なるほどこういう風に使うのか~と感心した。
皆さんさすが、手馴れている。

ura-2015-09-g-new.jpg

入った瞬間、「!?」となって思考停止したのが、こちらのお庭。
構造を把握するまで、ややしばらくかかった。
理解した後も、使われている家具に衝撃を受けてしばらく興奮状態だった。
額縁がこんなにも万能な家具だなんて、思いもしなかった!その発想力に平伏!
ECOのハウジングシステムが図抜けて素晴らしいのは、
こういう常識外れなアイテムの使い方が出来るところにあると思う。

ura-2015-09-h-new.jpg

表彰式の様子。
初めて見学したので知らなかったけれど、
どうも、受賞者にめっちゃ重たい家具アイテムを贈呈するのが恒例なようでww
受け取った後もキャパらずにくるくるモーションで回ってみせる、
余裕の受賞者たちが素敵だったww



*** おまけ ***
実はこの庭博、最後にものすごい自分的特典が用意されていた。
なんと、フリー展示スペースに 卯月様 のお庭があったのだ……!
うわわわわわこここの飛空庭の紐を上った先に、本当にご本人がいらっしゃるのか!?
とドキドキしながらお邪魔して、そこにトレードマークのたぬき耳を確認した途端、
もうもうもう衝動的に声をかけてしまっていた……!

めちゃめちゃ緊張したので、
ブログ愛読してます、応援してます、大喜利見学してました、
ぐらいしか言葉にできなかったのだが……。

ユーザーイベントって……スバラシイ……!

ura-2015-09-i_01-new.jpg

うっとり。
今ほど、デス・アルマ顔を選んでいて良かったと思ったことはない。
まさにこの恍惚とした表情そのままの心境だった。
そして、この時ほど「やったまごん」モーションを
未購入だったことを悔やんだことはない。

にやにやしながらイベント会場を後にした私がまずしたことは、
ECOショップで「モーションおぼえーる5 “ガッツポーズ”」をポチることだった。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。